2008年12月09日

31.5cmを超えるメバルは?

 なかなか、釣りに行けませんね(^_^;)

本当に忙しくて。

そんな中、ちょっとしたもので、メバル用メジャー??みたいなものを作ってみました。

  CIMG0587.JPGこちらは、100円ショップで買ってきたシューズトレイです。

  CIMG0588.JPG 下に画用紙を引いて、その上にメジャーを引きます。左を0に合わせる。・・・メジャーは、古くなった、Btrapのものを、切りました。

ナイロンシートを覆って終わり(^_^;)

ところが、31.5cmまでしかありません。・・・31.5cmを超えるメバルが釣れたらどうしましょうか?やっぱ、こればかりは、お持ち帰りでいいですか?いやいや、持ち帰って、メジャー測定して、また海まで行って、返すのがいいんでしょうか?

そもそも、越前海岸では、ショアから尺メバルはなかなか、出ません。

今の時期は、産卵のための接岸ですので、腹ボテメバルはリリースです。31.5cmを超えた場合は、死んでもらいます(^_^)v

「お前になんか、そんな大きいメバルが釣れるわけないないやろ、アホ!!」と思う方は、ポチッとお願いします↓  (?誰かさんのマネしてんのかな、俺??) 

 にほんブログ村 釣りブログ メバリングへ
posted by エギングファイター at 21:07 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 釣りコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

(ゴールデンミーン)セバステスの使用感

 
 只今、北陸は、真冬の真っ只中。雪が降り、海は大荒れ、ちなみに、俺の天敵カミナリもしばし(ーー;)

というわけで、今は、自作メバルカブラの生産等に力を入れてまして、これがまた、大変なんだな、もう、小さいジグヘッドにスレッド巻き巻きで、その他、ちっちゃい、ティンセルやサバ皮など、寸法測ったりして・・・・・肩こりこりの、目がシバシバです(T_T)

てなわけで、今日は、この前、使用した、ゴールデンミーン(セバステス)のその使用感とでもいいますか、インプレをしたいと思います。

  CIMG0543.JPG

はっきりいって、楽しいロッドです。・・・何が?って、そりゃ、小物を狙うにはです。
74Tですが、魚を掛けた時にロッド全体が曲がります。根元から曲がります。ファストテーパーでは決してありませんので、感度は、それなりに悪いですが、口の柔らかい魚は、バラシが少なくてすみそうです。

尺級のアジは、アジ自体、口が柔らかく、よくバラシやすいと言われていますが、このロッドだったら、大型のアジもバラシは少なそうです。

問題はメバルですが、もし、尺近い大型のメバルが掛かった場合、無理な抜き上げは、やめたほうがいいでしょう。絶対に玉網持ってた方が賢明です。

よって、わたくしは、このロッド、メバリングよりも、アジングで使いたいですね。

リールは、自分の愛用リール、2500番台で、相性は文句無しです。ただ、個人的には、ダイワなら、2000番、シマノなら2500番がいいかなあ。と思う。

驚いているのは、この竿、1万円ちょっとなの?っていうぐらい、実釣で楽しませてくれましたね。
謳い文句の「コストパフォーマンス」の名を欲しいままにしています。

LDBガイドは、PEとの相性もよかったですね。

あと、長さ的には、自分は、74Tで、ちょうどいいですね。こちらは、お好みで68Tもあります。

さすが、親会社がエバーグリーンだけあって、やちゃってくれますね。


     ●ゴールデンミーン セバステス SBS-74T

また、気づいたことがあったら、報告します!(^^)!

 にほんブログ村 釣りブログ メバリングへ
posted by エギングファイター at 01:18 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り具(メバリング・アジング) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。